トレーニングジム メニュー


トレーニングジムでトレーニングする時には何をやるのかメニューを組んで実施することをお勧めします。

漫然とトレーニングしていても効果は薄いどころか時間の浪費だけになってしまうこともあります。

まずはどうしてトレーニングをするのかを明確にします。
どこの部位を特に鍛えたいのか、痩せたいのか、などによってトレーニングメニューは異なります。
負荷を強めにかければよいのか、有酸素運動中心にするのか、スタート地点が変わります。

あとは、何を何回、何セットやるのかを決めることになります。

自分でトレーニングメニューを組むことが難しい場合は、
トレーニングジムのスタッフに相談すればメニューを組んでもらえることもあります。
独自メニューの相談は有料の場合もありますのであらかじめ確認するようにしてください。

独自でやる場合には、インターネットの情報を頼りにすることになります。
自分が目指すトレーニングを実施している人のブログなどを参考に
トレーニングの種類と回数とセット数をまずは組みます。

そしてトレーニングを進めていく中で回数やセット数を増やしたり、負荷を増やしたりしていきます。

トレーニングを進めていくと自分の身体の状況も変わっていきますので
状況に合わせて微調整をしていくことがポイントになります。







トレーニングジム 安い


トレーニングジムの中でも安い価格を売りにしているところが出てきました。

特に24時間利用できる系のトレーニングジムなんかに多いようです。

大手のトレーニングジムでは、施設が充実していてプールやお風呂、ジャグジーが使えたり
ヨガやダンスのレッスンなどのメニューが豊富だったりとサービスが充実していることが多いです。

その分、利用する料金の値段が上がってしまうのは仕方がないことです。

一方でそういったサービス面は特に重視しないのでトレーニングだけできれば良いという人には
プールもお風呂もジャグジーもないけどトレーニング機材だけ置いてあるというような価格重視の
トレーニングジムの利用も考えてみて良いかもしれません。




トレーニングジム 求人


トレーニングジムの求人は一般的にはあまり出回らないことが多いように感じます。

それは、トレーニングジムで働く人は社員もアルバイトも人の流動性が低いからです。
トレーニングやスポーツが好きな人が働くので、学校の卒業や何かの転機でもない限り
あまり辞めないからです。

だから求人が少ないのですが、その一方で自分からアピールすればチャンスはあります。

働きたいと思っているトレーニングジムに直接コンタクトを取ってみるのもよいでしょう。
断られる覚悟を持って訪問してみれば望まない結果だったとしても落ち込むことはそれほどないでしょう。

これまでトレーニングジムで働いていた経験やスポーツの経験があればアピールポイントになります。
インストラクターなどをやっていてアピールポイントがあるのであれば尚更です。

少ない求人だったとしてもトライする価値はあるでしょう。